必見!?起業に向けて必要な準備はこうやってやろう!

店舗を構える起業は初期投資を確保しよう!

独立起業を念頭においている社会人は多いかもしれませんが、では具体的に独立する場合は何から初めていいか分からない方が多い事も事実です。まず独立に向けて誰しもが始めること、それは貯金ですよね。最初に事業を起こす時に必要なものの中で最も優先順位が高いものがもちろん資金だからです。例えば店舗を構えて独立をする場合、店舗物件を確保したり店舗の内装を工事したりするだけで数百万円単位の予算が必要です。これを全て自己資金で賄えれば良いですがですが、ほとんどの方は金融機関から借入をされます。そんな時、独立を果たす業界での勤続年数や経験は独立後の成功に大きく左右しますので、これらが長い方が金融機関から融資をうけやすくなる訳です。その業界で長いキャリアを積むことも、貯金と同じくらい独立に向けて大事な事なのです。

事業計画は慎重に慎重を重ねる

ある程度の予算が確保できて、業界でのキャリアも積み独立に対して自信がわいてくれば、次に実際に独立に向けて行動する必要があります。まずは独立予算を編成しますが、店舗物件を契約する場合はその契約費用だけでもかなりの額に達しますので注意が必要です。目ぼしい出店エリアが決まったら、出来る限りそのエリアの物件相場を調べ、保証金その他契約に必要な費用を調べましょう。内装工事は居抜き物件を利用すれば抑えられますので、これは念頭におきましょう。

金融機関から融資を受ける場合は、これと同時進行で融資の申し込みもしておく必要があります。

フランチャイズとは、オーナーから看板を借りて得た利益の何割かを支払う仕組みです。飲食店に多くみられ、最近注目されています。