新入社員の社員研修で行うべき内容とはどういったもの?

電話対応の仕方はやっておくべき

会社で働くようになると、社内にはいろいろな電話がかかってくることが多いと思います。そういったときにいきなりまともな電話対応ができるのか?というと厳しいと思うので、そこは社内研修で身につけさせておかないといけないでしょう。新入社員というのは、それまで働いた経験はアルバイトくらいしかないでしょうし、アルバイトで電話対応についてしっかりと経験している人というのはそこまで多くないと思われます。したがって、新入社員として働く人たちのほとんどは電話対応についてしっかりと経験が積めていないはずなので、そこを補ってやる必要があるのです。電話対応が苦手という人もいると思うのですが、会社で働くうえでの基本的な仕事の1つになると思いますから、全員に確実に身につけさせましょう。

日頃のSNSの利用の仕方

昔の新入社員の社内研修ではこういったことは行われていなかったと思いますが、現代ではSNSの利用の仕方についてもしっかりと教えておかないといけないでしょう。SNSを使っている人はかなり多いですし、そこで会社の機密事項を漏らされても困りますし、会社のイメージを下げるような発言をされても困るので、そこは事前に教育をしておかないといけないのではないでしょうか?SNSは多くが使っているもので、会社が社員のSNS投稿について随時監視するということはできないですし、実際あまり注意深く考えないで投稿している人もいると思われますから、社会人としての利用の仕方を社員研修を通じて身につけさせることが重要と言えると思います。

管理職研修では、部下に気持ちよく仕事をしてもらえるように、マネージメントを行うことを学習します。一般企業であれば課長以上が受講します。