精神的なケアも大切!広まるストレスチェック

精神的なケアが重要視される時代

日本は高度経済成長などを経て景気が良くなったり悪くなったりしますが、やはり景気が悪い時が我慢が続きます。その中でブラック企業と呼ばれる社員を違法に働かせる会社が増えてきて労働者の心身は疲弊しています。

精神面から体を壊してしまい、働き盛りの人間が疲弊することは最終的に国力低下にも繋がります。そんな労働者の疲弊を守る手段の一つがこのストレスチェックで、回答によって危険な兆候を発見するというものです。うつ病などは、急に発症しますがその前に体から何らかのサインが出されるので早期発見が大切になります。

当然ながら社会は厳しいもの

しっかりと福利厚生を充実させて健全な運営をしていても、社会には同業他社などライバルが存在します。生きるか死ぬかのサバンナのようなもので、自分達が同業他社によって淘汰されると倒産・廃業の危機があります。

このような戦いの中では当然ストレスが溜まりますし、考えを巡らせることで状況を打破したり自分を成長させることができます。社員が次々と精神的にやられて倒れてしまっても、会社の存続が危うくなるのでケアしなければいけません。

ストレスチェックは難しくない

ストレスチェックは、簡単なアンケートのようなものです。最近眠れるか、食欲はあるかなど簡単な項目に回答します。食欲もあって眠れるなら問題ありませんが、食欲もなく眠れないのであれば危険だという具合で判断されます。このような異変は、例え感じていたとしても気のせいだと思う方も多いですがストレスチェックの結果は気のせいで済ますことができません。

社員教育は社員の技術やモチベーションの向上などを目的に行われるが、それは社員のためだけではなく、会社にとっても生産性の向上、効率UPなど様々な利点があります。