入出庫と在庫管理が必須!?通販物流の流れをご紹介!

通販物流を代行してくれる会社

通販店を運営している人が多くなっていますが、通販で販売する商品をどこで管理すれば良いのか悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。

通販店で販売する商品が比較的サイズが大きい場合などでは自宅で保管する事や発送手配も手間が掛かります。

最近は通販物流を代行してくれる会社があり、こうしたサービスを活用すれば商品在庫の保管場所や発送手配などの悩みを解消する事が出来ます。

入荷物のチェックと管理

通販物流では在庫を管理する事で在庫が足りなくなった品物の発注手配、入庫業務からピッキング、出庫手配、そして在庫管理までを一括で行ってくれます。

入庫業務は倉庫に届いた荷物が正しいか否かをチェックし、ピッキングのミスを防止する目的で、品物を保管する場所をルール化しています。

さらに、入庫時やピッキング時には商品に付いているバーコードと伝票に付いているバーコードの照合を行う事で正確なピッキングが可能になります。

出庫時のピッキングと在庫管理

通販店を利用するお客さんが商品をカートに入れて発注を行うと、その情報が受注システムに届き、倉庫内から注文を受けた品物をピッキングする事になります。

広い倉庫内ではどこに注文を受けた品物が保管してあるのかなど、保管場所の管理が行われているため、速やかにピッキング処理が出来る、出庫を行う事で在庫数が減る事になりますが、在庫管理も徹底しているので、通販店の中で品切れの状態になるのを事前に防ぐ効果もあります。

通販店は数多くあり、在庫切れの状態になっていれば、訪れたお客さんは他のサイトを利用してしまうケースもあります。

その点、在庫管理が徹底していれば、いつでも買い物が出来る便利な通販店になるわけです。

通販物流の業界の実績について詳しく理解するうえで、大手の業者の最新の取り組みを確認することが良いといえます。