正しく実施して業績アップ!社員研修の基本を知ろう

社員研修の目的を知ろう

社員研修の目的は、ずばり人材を育成することです。会社が持つ資産のなかで最も大切なのは人材です。国は人なりという言葉がありますが、当然これは会社にも当てはまります。社員研修は大きく職場内タイプと社外タイプの2つに分類できます。職場内研修は、日常業務を通じて実施されることが基本で、マンツーマン指導による短期間での人材育成が可能です。社外研修は外部から専門家を招いてセミナーハウスなどの施設で実施されます。セッティングするための時間や費用が嵩みますが、社員達に体系的な知識を付与できます。

職種別の社員研修とは?

社員研修は、営業や開発といった職種別にも行われます。たとえば営業社員を対象とした研修においては、基本的な接客マナーやコミュニケーション方法、会話テクニックなどを教えます。また実際の営業活動に参加させ、取引相手に顔を覚えて貰うことも重要な目的のひとつです。開発部門やIT部門などに所属する技術者を対象とした研修においては、基本的な機材の扱い方や作業工程などを学びます。このように、職種別研修はその企業の将来を左右するほど重要な役割を果たしていると言えるでしょう。

階級別の研修も大変重要です

社員研修は、部門毎だけでなく階層別によっても実施されます。社員研修における階層とは、係長や部長といった役職を指します。階級別研修で最も有名なのは、新人研修でしょう。まだ学生気分が抜け切れていない新入社員を対象とした研修のことで、社会人としての基本や会社の理念などを教えます。極めて重要な研修なので、年々その実施期間は長くなる傾向にあります。

社員研修は、企業を対象とした教育のサービスです。新人から中堅・リーダー社員まで受けることができ、様々な研修が行われます。